EDジェネリックのカマグラ通販は薬代だけ

ED治療を考えた時に真っ先に費用が頭をよぎる様です。一般的にEDの症状が出てくるのが30代後半からで家庭を既に持ち自由なお小遣いが無い状態ですからED薬の利用なんて難しいというのが正直なところではないでしょうか。

そこで注目されているのが1錠あたり100円前後のカマグラゴールド。
1回100円で勃起力が回復できるのならば、缶コーヒー一本分ですから懐は痛くないですね。

1錠100円のED薬のカマグラって大丈夫?

病院処方のED薬は1錠あたり2,500円~3,000円位と病院によってかかる費用も違ってっきます。
これは、ED薬は保険が利用できない事情があるので仕方がありません。

最近ではジェネリックも普及をしてきていますが、国内は医薬品市場は厚労省規定の薬価で価格がで決まってしまうので、自由な競争が出来ないためジェネリックといっても1錠1,500円前後というところでしょう。

このジェネリック品は製薬特許の保護期間の満了より、世界中にジェネリックメーカーが一斉に同製薬の製造販売が開始されます。特に厚労省の薬価決定はなく、自由競争下の海外メーカーでは、本来一番高コストとなる研究開発費が無いわけですから、とにかく価格の競争があり低価格で入手が出来るようになります。

このカマグラゴールドが1錠あたり100円前後というのは、自然な競争原理下の価格なのです。
決してカマグラゴールドが激安ではなく、固定費や材料費、人件費などから設定可能な価格が100円前後なのでしょう。

販売価格が安いから不安を感じる必要もなく、このED薬の製造自体は医薬成分のシルデナフィルを錠剤に固めるだけで、特に目新しい技術は必要もありません。
衛生管理、品質管理はもちろん必要ではありますが、世界中で長年使い続けられている1錠100円程度のED薬に何が問題があるでしょうか。

これまでもEDクリニックや泌尿器科でED治療をしてきた人にとっては、「今まで費やしていた費用は何だったのか!」と思われるかもしれません。
ですが、ことED治療に関して言えば情弱なED患者様向けコストであり、インターネットから情報を得られれば不要な費用をかけずにED治療が出来るのです。
もちろん、インターネット上の情報にも誤りがありますんどえ、初めてED薬を利用する場合は医師に服用方法などや注意事項を確認しても良いかもしれません。

安価なカマグラゴールド
まずは一般的な安価なカマグラゴールド

ジェネリックなのだから安価なのは当然です。

ジェネリックは低価格が当然

お薬の価格の殆どが莫大な費用と期間により創造されたためのコストが大きくなります。
そのため、新しい薬は特許という法律により成分の使用が開発者のみが使用できる期間があります。
このように特許で守られている期間は開発者の独占的に価格を設定して競争者がいない状態で販売がでるようになります。

ED治療はクリニック通院が面倒、高額商品を売りつけられる?

通院が面倒ですね!

ED治療や専門のEDクリニックや泌尿器科で処方が可能です。特にED専門クリニックは競争が激しい事もあり、サプリメントや本当に効果があるか分からないモノまで売りつけられる被害が続出しています。

また、海外ジェネリックは世界中の人が利用していますが、「危険」としてネガティブな情報のみを言われる医師も少なくありません。

「医者はジェネリックを飲まない」などの根拠のない書籍をだされている医師もいるように、国際郵便費用が安くはないなかで、多くのユーザが安価に購入している点で、実績の裏付けからも何が本当なのか想像がつくのではないでしょうか。

以下は、よく耳にするED治療に関して言われている事です。

☑クリニックまでが遠く、時間がかかる

☑費用が掛かる(保険適用外で高額治療)

☑ED専門医は程度が低く、金儲けばかりで不要なオプション購入を勧められる

☑ED治療薬の副作用が心配

☑看護婦さんがいるから恥ずかしい

カマグラ人気の理由

日本は世界でもまれで海外の医薬品を購入する事が出来る国です。
そのため、保険適用外のED,AGA,美容系などは安価な医薬品との競争も激化しています。

ED専門クリニックも泌尿器科も出来ないようない医師が開業しているので、利益重視で不要なサプリ(健康食品)や器具の販売をしている現状です。

本当に真面目に勉強して努力している医師ならば泌尿器科を開業しているはずです。

やはり、それでも体が心配な場合は一度、病院診察で初めて、次回からは通販でカマグラゴールドを購入するのも良いですね。
まずは病院で診察で、カマグラゴールドの先発薬の「バイアグラ」が処方可能か確認してみてください。処方可能ならば、次回は同成分の「カマグラゴールド」も良いでしょう。
しかも、100円/錠以下で購入が可能です。

三越屋なら85円/錠からカマグラゴールドがご利用頂けます。

Amazon通販のようにカマグラ注文ができる

Amazonのように注文できるカマグラゴールド
時間の節約にもなるジェネリック通販

カマグラゴールドはAmazonのように携帯やパソコンでご注文ができます。
残念ながらAmazonサイト内では購入はできませんが、個人輸入代行の三越屋のようなサイト経由ならば確実な購入が可能です。
三越屋のカマグラゴールドも安価ではありますが、唯一にデメリットは航空便で配送されるので、到着まで少々、お時間がかかります。

海外からの購入ですので、所得税や1か月分を超えないのであれば、関税も不要です。
税関でも基本的にはノーチェックでご自宅までお届けされます。

*税関でチェックが入っても、以下のような点に注意すれば問題ありません。

・1度に購入する量が1か月分を超えない。
・住所や名前を偽らない。

カマグラゴールドは男性向けの商品ですので、女性(名)で注文をするとお受け取りが出来ない場合があります。

Amazonのようにご注文時に正しい送り先の入力は必要です。

個人輸入については厚労省のホームページでも認められている旨の記載があります。少し分かり難いかもしれませんが「商売」での輸入で無ければ問題がありません。
参考URL:厚生労働省

配送状況も郵便局のホームページから商品の追跡が可能です。

お届けされる商品も海外経由ですので包装もしっかりしており、中身も分からないようにされていますので、プライバシーも守られています。
*包装のレベルにも「Gift」などと書かれていますので、ご家族にもい知られずにお受け取りができるかと思います。

恥ずかしくない通販カマグラ

カマグラゴールドの注文はAmazonや楽天と同様にネット注文で入手が可能です。これが、通院によるED治療となると医師や看護を介する必要があり、場合によっては勇気がいるかもしれません。
EDについて医師でも打ち明けるのは恥ずかしいですね。

実際、病院での市印刷のプライベートな質問は以下のような感じです

☑行為の一般的な時間は?

☑どの程度、持続出来るのか?

☑何か病気はあるのか?

☑食生活、喫煙、、、

などなど、もっと踏み込んだ質問が有る場合もあります。

実質、5分程度で終わる診察ですが、身体に不調や過去に病気の経歴さえなければ、100%でED治療薬が処方されます。

血液検査など精密検査などはされません。

逆にわざわざ専門医に確認してもらう事も無いと思われる診断に感じるかもしれません。

ED治療薬を通販購入できるかは、以下のような自己診断でも十分です。

☑どれくらい勃起不全が継続しているか?
  断続的でも1ヵ月位継続して続いているならばEDの可能性あり
☑病院歴(現在を含めて)
  何か病気があるならば、掛かりつけの先生への相談を促される。
  特に脳や心臓系ならば注意が必要
☑カマグラ等のお薬は血圧に影響するため関係する。
  何か利用中の血圧(張り薬、塗り薬含)に影響する薬を使用中ならば注意。

カマグラゴールドの服用が出来ない人はどんな人?

カマグラなどのED治療薬は血圧をコントロールする作用があります。
つまり、脳や心臓など血圧の影響を受ける病気(過去も含)がある方は、掛かりつけの先生に相談が必要です。

病院処方でも診断、診察に血液検査やCTスキャンといった事はしません。
また、多くのクリニックでは手を抜いて、心音を聞いたり、血圧測定すらしない場合もあります。
ED治療薬は実績のある安全性が確認されている事もあり、血圧や脳や心臓に問題がなければ、一般的に処方されるお薬です。

ED発生のメカニズムについて詳細に知りたい方はこちらをご覧ください。

逆にカマグラゴールドのようなED治療薬を服用しても改善効果がない場合は別の理由のEDの可能性が高いです。しっかりと泌尿器科で診察を受けた方がいいでしょう。

カマグラゴールドは実績がある薬効成分ですが、一応、正確な副作用や禁忌事項は確認してみてください。(カマグラゴールドの商品詳細

人件費が低いから出来る100円カマグラは適正価格

インドという選択肢

カマグラはインド製ですのでコストの中の人件費も非常に低い!一時期は低労働賃金として中国が挙げられていましたが、中国製に関しては低価格、低品質の代名詞であったようです。
ですが、ことED薬に関しては低価格、高品質だと言ってよいでしょう。

このインドに関しては、各国から医薬品の原薬の輸入元としても多く利用されています。

インドは原薬の輸入元としては中国に次いで2位の国となっています。
医薬品の原薬について(https://www.jga.gr.jp/jgapedia/column/201911.html)

インドは原薬の輸入元としては中国に次いで2位の国となっています。

インドは昔、国策として自国民の命を優先し製薬特許を無視した形で医薬品を製造販売をしておりました。製薬特許の利用料が高いために自国民の病気の治療ができない状況を避けるための国策でした。
このため、良くも悪くもジェネリックの製造技術が蓄積され、今ではジェネリック大国とまで呼ばれるようになったのがインドです。

インドはジェネリック薬品メーカーが多い国です。

後発医薬品は、新薬より約2割~5割ほど値段が安く設定されています。それでいてバイアグラと同じか、それ以上の有効成分が含まれているのです。カマグラは男性不全を治す処方箋として、非常にコスパのよい製品といえるでしょう。値段の安さはバイアグラと比べると比較になりません。

人体実験による20年以上の実績からカマグラは生まれた

カマグラは正規品のジェネリックで、先発薬の製薬特許が終了し、20年以上の利用実績があるED治療薬です。これは、今まで変わらずの成分で世界中で愛用されており、つまり、長い間、人体実験により問題が無かったと証明できるとも言えます。

日本以上に人口が多い、米国、インドや中国でも禁止されてないカマグラ成分ですから、問題が無い事が分かりますね。

世界中の人が利用し続ける事で「人柱、モルモット」として安全性の確認が出来ています。

インド・メーカは安全なのでしょうか?

海外製品の中では危ないモノもあるかもしれませんが、例えばカマグラを製造販売しているアジャンタファーマ社は株式の上場もしており、世界的にも信頼を得られている医薬メーカの一つです。

このインドのアジャンタ社も医薬メーカとして「カマグラ」のようなED治療薬だけでなく、様々な医薬品を世界へ送り出しています。
国際的ジェネリックメーカーとして各国の要求に対応した品質管理、製造設備など様々な条件をクリアし運営されています。
もちろん、インドの製薬会社の中にも怪しい正体が良く分からない小規模なメーカーもあるようです。
最近ではパッケージに日本語を使用されているが、パッケージや説明書に会社の住所の記載や企業のホームページを持たないようなのもあるようです。このようなメーカーは利用は控えた方がいいでしょう。

連絡先の記載がないメーカーは絶対に避けて

連絡先の記載がないメーカーは絶対に避けて

上記でもお話をしたように一部のメーカーでは怪しいメーカーもあります。カマグラを製造・販売しているアジャンタファーマ社のような大手の製薬メーカならば安心良いのですが、何も事故や事件となったらすぐにでも逃げられてしまうようなメーカーもあります。

例えば、最近よく見かけるようになった「製造元:レクメズ」という企業ですが非常に怪しい
インド製なのにパッケージが日本語なので、一見、しっかりとしてそうですが、会社情報が一切みつかりません。自社のホームページを持たないので、事業所や工場の住所、電話番号も明らかにされていません。

取引がある企業に確認をすると、元々は2013年に設立(旧:スマート社)ですが、近年、急に社名をレクメズ(Lecmaz)変更しています。
私達の感覚では、製造元を「医薬品メーカー」と呼ぶには厳しいようです。

成分表はあまり意味がない安全性

安価なカマグラゴールド
まずは一般的な安価なカマグラゴールド

参考資料:
シルデナフィル – wikipedia
勃起不全 – wikipedia
クリニック – wikipedia
インド – wikipedia
アジャンタファーマ社